昔は集合住宅でペットを飼うことは難しかったですが、最近はペット可の賃貸も増えています。注意点はあります。

不動産屋に行く前に知っておきたい知識集

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

Navigation

ペットと暮らせる賃貸

昔は集合住宅で犬や猫などのペットを飼うことはほぼ諦めなくてはなりませんでしたが、最近は賃貸でもペット可の物件が増えています。全面的にペットのいる入居者を対象に建てられた物件には、ドッグランなどペットのための設備が整っていることもあります。このような物件にペットのいない人が入るメリットはないので、ほとんどの入居者がペットを飼っています。一方でもともとはペットの飼育を禁止していたものの、築年数が古くなると共に入居者の確保が難しくなり、途中からペットの飼育も条件付で認めるようになった、という物件もあります。このような賃貸にはペットを飼っている人と飼っていない人が混じっています。

賃貸暮らしでもペットの飼育を諦めたくない人は、このようなペットを飼育できる物件を探すようにしましょう。初期費用や退去時に支払う費用がペット不可の物件に比べると高くなる傾向にありますが、ペットと暮らせる代償として納得するしかありません。飼っているペットによって汚れ方も異なるでしょうが、基本的に汚した箇所はすべて綺麗にしなければなりません。猫は柱を引っかいてボロボロにしてしまうことがあるので、そのような時は退去費用も高額になるでしょう。ペット可物件といってもどんな種類でも何匹でも飼えるというわけではありません。大型犬は不可のところも多いです。契約時に必ず確認しておきましょう。住み始めてから勝手にペットを増やすのもルール違反です。