賃貸を借りる時にはその家賃設定には、注意が必要です。失敗しないようする事が大切だと思います。

不動産屋に行く前に知っておきたい知識集

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

Navigation

賃貸の家賃設定には注意です

賃貸の家賃というのは、毎月、払っていかなければならない物ですよね。払わなければ、部屋を追い出されるだけになるでしょう。それはとても困りますよね。だからこそ最初の予算設定は非常に大切になって来るのです。これを無視してしまうと実際に住み始めてから、かなり困る状態になってしまうのです。予算の設定なのですけれども、確実な収入を基準にしなければならないのです。例えば残業やボーナス等を貰える方がおられますよね。しかしそういった物を頼りにしているともし、貰えなかった場合の時に非常に困った事になるのです。景気によってもボーナスや、残業代というのは、変わって来る事を忘れてはならないのではないでしょうか。だからこそ、確実な収入が必要なのです。

では、毎月無理なく支払える家賃というのはどれぐらいで考えておけば良いのでしょうか。普通は、手取り月収の三分の一ぐらいが適正価格と言われています。ただ、単純に三分の一と考えてはいけないという所もあるのです。どういう事かというと、収入がそもそも低い方にとっては、その三分の一がかなり重い意味を持っている場合もあります。こういった部分を考えておかなければなりません。ですから、三分の一というのは、あくまで目安という風に考えておくのが無難だと思います。そして、家賃以外の支出についても考えなければなりません。管理費なども支払っていかなければなりませんよね。その事も、ちゃんと踏まえて無理なく支払える家賃設定にする必要があります。