賃貸はリフォームやアレンジができないと諦めている人もいるかもしれませんが、交渉すれば可能性はあります。

不動産屋に行く前に知っておきたい知識集

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

Navigation

賃貸でもリフォームできる物件が

賃貸物件は、マイホームに比べると自分好みにリフォームすることができないのが欠点です。カーテンや絨毯など、主にインテリアでアレンジすることは可能ですが、壁紙や床材を変更することは、たとえ借主が費用を負担すると言っても許可されません。許可されるとすれば退去時に元に戻すことが前提です。たとえローンの支払い中でもマイホームであれば所有者なので好きにリフォームできるのですが、賃貸は他人のものを借りているだけですのでそれが普通です。しかし最近は、人口減少等の影響により、賃貸物件は競争が激しくなっています。そのためある程度のリフォームに応じる物件も出てきています。家主負担で入居前に借主の希望に沿ってリフォームしてくれるところさえあります。賃貸であっても自分好みにアレンジしたいという人は、そういう物件を探してみてはいかがでしょうか。

普通の賃貸物件であっても、家主さんによっては相談に応じてもらえる場合があります。たとえば壁紙を塗り替える程度であれば、家主さんとしても壁紙が綺麗になってメリットがあるわけですから、借主が費用を負担するのであれば反対をする理由がありません。但しあまりに個性的な色にしてしまうと次の入居者が見つかりにくい恐れが出てきますので、事前に必ず相談はしておくべきでしょう。壁に釘などを打ちつけて棚を作るようなリフォームも、棚があれば便利だと家主さんが思えば許可してくれる可能性はあります。賃貸だからとはなから諦めることはありません。