賃貸物件は新しいほど家賃が高いので、新築は一番高いです。リフォーム済みの古い物件もおすすめです。

不動産屋に行く前に知っておきたい知識集

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

Navigation

新築より手頃なリフォーム済み賃貸もお得

言うまでもなく皆さんご存知だと思いますが、賃貸物件は新しいほど家賃が高いです。家主さんも新築時の家賃がマックスで、それ以降は下げるしかないと分かっていますので、最初は目一杯高く設定します。家賃が高くてもメリットが多いのが新築物件ですが、やはり毎月発生する家賃が高いのは考えものです。築30年以上の賃貸はリフォームされて逆に綺麗なことも多いので、綺麗にこだわるなら選択肢に入れても良いと思います。15年〜20年程度では壁紙やフローリングのリフォームくらいはしていることもありますが、あまり大掛かりな刷新はしていないことのほうが多いです。中途半端に古い物件を選ぶくらいなら30年以上の物件のほうが掘出物が見つかる可能性があります。

但し設備面ではやはり新築が一番です。私は若い頃初めて一人暮らしをするのに結構家賃の高いワンルーム賃貸に住んでいました。その物件には宅配ボックスなどありませんでしたが、今はそれほど高い賃貸でなくても新築ならワンルームにはついていることが多いです。ワンルームは単身者なので留守が多いです。宅配ボックスはほぼ必需品になっています。またセキュリティを気にする人が多いので、テレビ付のインターホンも珍しくありません。ファミリータイプではウォークインクローゼット、浴室乾燥が多くなっています。設備を重視するなら新築、部分的なリフォームでも良いのでそこそこ綺麗で家賃が手頃なところが良いのならリフォーム済み物件を狙うと良いと思います。